アパートの玄関にあるチェーンは以外と大切な防犯設備

アパートの玄関にあるチェーンは以外と大切な防犯設備でもあります。もちろん、ドアチェーン自体には鍵としての役割はありませんが、ドアチェーンさえ付けていれば、空き巣だけでなくセールスなどの訪問者と応答している際中においても、強引に住居内に侵入されるのを防いでくれます。

そうしたドアチェーンも最近では、防犯用ドアガードと呼ばれるバータイプの物のたまに見かけることがあります。ただし、そうしたドアチェーンですら空き巣や強盗にとっては、攻略方法があるようですね。あるいは、チェーンカッターなどを使うといとも簡単にチェーンを切ることすら可能になります。もちろん、そんな大きな工具を持ち歩いていると、確実に不審者扱いをされてしまうことでしょうね。

そうは言っても例えドアチェーンを掛けられるようなドアであったとしても、ドアに幅広いガラスが付いているようなドアの場合、ガラスを割って手を差し込まれるとダメでしょうね。あるいは、ドアにはドアスコープが付いています。そのドアスコープを覗くと、外の訪問者の顔やどういう服装をしている人なのかがすぐにわかるようになっています。そんな便利なドアスコープでさえも、ドアの外側にいる訪問者の側からも部屋の中がよく見えるような特殊レンズが市販されています。従って、ドアスコープにも内側には目隠しになるような布を垂らしておくということも必要なのかもしれませんね。

その他にも、アパートのドアに限定されるのかもしれませんが、ドアに新聞受けのポストがよく設置されています。しかしながら、その新聞受けから中を覗くことが可能な新聞受けも見かけることがあります。もちろん新聞受けについても、半数以上は中が覗けないような専用カバーが付いているという場合が多いですね。近頃の空き巣は、その新聞受けの中に手を差し込んだり、専用工具を用いるとサムターン回しをされてしまうという面もあるので注意が必要です。